▲戻る

Q1.活用された工事での効果はどうですか。
A1.どの工事でも、比較工法よりも工事費削減となっています。また枠内が植生工、モルタル吹付の
   どちらに於いても外観が柔らかく、構造物の冷たい感じが軽減され、自然風景に馴染んでいます。

Q2.施工に特別な技能・ノウハウ等は必要ですか。
A2.必要ありません。従来どおりの作業を行い、吹付は断面の形状特性から簡単に行え、出来形確保
   も容易です。

Q3.地域性はありますか。
A3.ありません。国内全域で、地元業者による施工ができます。
   但し、モルタルの養生・混和剤使用は従来どおり、地域毎の特性に応じて行う必要があります。

Q4.鉄筋挿入工(ロックボルト)の手順はどのように行いますか。
A4.吹付枠工と同様です。削孔箇所をスリーブで箱抜きし、法枠吹付後に施工します。
   スリーブ周囲の角座金設置面は小手で均します。


※このページをダウンロード

▲戻る