▲戻る

積算条件

1.本資料で算出される価格は直接工事費ですので、諸経費は別途計上して下さい。
2.小規模工事では、施工規模に応じた下表の加算率を適用して下さい。
規格 施工規模 加算率
T・U型 1000m以上 0%
500m以上 1000m未満 +10%
500m未満 +20%
V・W型 500m以上 0%
250m以上 500m未満 +10%
250m未満 +20%

3.その他は市場単価 吹付枠工の関連事項に準じて下さい。
4.簡易吹付法枠工と同等として扱う場合は、簡易吹付法枠工の設計条件に準じて下さい。


積算方法  ※3,5については標準数量の算式を参照して下さい。

1.RTフレーム工法の積算は枠長(m)で行います。
  ※(面積(m2)で単価積算を行う場合はお問い合わせ下さい。資料を準備します。)

2.設計枠長を求め、積算書の設計単価を乗じてください。

3.設計枠長は縦枠・横枠の総延長から、交差箇所数に枠底幅を乗じた延長を減じて求めて下さい。

4.ラス張りは全面張りとし、市場単価を適用して下さい。

5.枠内面積は、ラス張り面積から設計枠長に枠底幅を乗じた面積を減じて求めて下さい。

6.枠内処理には市場単価を適用して下さい。(特殊工法を除く。)


積算書

標準数量


 

標準数量は、設計単価(1m当たり)を求めるための基準数量です。

※このページをダウンロード

▲戻る