▲戻る

RTフレーム工法の施工方法は、基本的に吹付枠工と同じです。

1.法面清掃 2.ラス張り、ピッチ割り
*のり面の堆積物、浮石等を除去します。 *ラス金網をのり面に馴染ませ、アンカーピンで固定します。PPロープを法枠基準スパンで設置します。

3.1段目鉄筋設置 4.RTフレーム設置
*鉄筋を配置し、ラス金網へ結束線で仮止めします。枠交点と重ね継ぎ手は堅固に結束します。

*RTフレームを鉄筋に取り付け、結束線で堅固に結束します。
5.2段目鉄筋、アンカー設置 6.モルタル ダレ防止補助網設置
*上部鉄筋を配置し、先に設置したRTフレームに結束します。交点アンカー・横枠アンカーを、鉄筋が移動しない状態に設置します。 *必要に応じて吹付直後のモルタルダレ防止補助網を設置します。補助網は吹付枠工用の部材を使用し、RTフレームの測辺に結束線で結束します。

【補助網の設置箇所】
T型 必要なし
U型・V型 横枠下
W型 横枠下と縦枠両側

7.枠内養生シート設置 8.法枠モルタル吹付
*モルタルが枠内に飛散し、枠内吹付を阻害しないよう枠内をシート養生します。 *RTフレームを覆い隠すようモルタルを吹付ます。

9.枠内清掃 10.枠内吹付
*養生シートを取り除き、清掃を行います。 *枠内に植生工・モルタル等を吹付けます。

11.完成
※このページをダウンロード

▲戻る